FC2ブログ
テニス(主に観戦)とキム・クライシュテルスと軽井沢をこよなく愛する日々。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
プリンを作ってみた
忙しすぎる、、、
金曜の夜はついに心が折れかけ、本日土曜日は一日中、廃人のように過ごしました、、、
しかしそういうときって、寝られるときに寝ときゃーいいものを、
突然、深夜の2時から何かを始めてしまったりする。

というわけで、今週は2度ほど、真夜中にプリンを作りました。
アンアンのスイーツ特集に載っていたレシピを見て、
近々作ろうと「型」を買っておいた、といういきさつもあるんですけどね。
それにしても、プリンって、牛乳と卵とグラニュー糖があればできるのね~。
大昔、母がプリンを作っているのを見たときのトラウマがあって
プリン作りは敬遠していたのだけれど
(型からなかなかプリンが出ず、必死の形相でお皿ごとブンブン振り続ける姿に、
お皿が割れるぅ~、、、と恐怖にかられたのです)。
なーんだ。簡単じゃん。
時間はかからないし、材料はシンプルだし、これはハマりそうな予感。


最初に作ったもの。2つ作ったうちのひとつ。
温かいうちに食べました。
なんか、見た目わるー。。。
プリン0218
録画しておいた男子フィギュアのSPを観ながら作った。
カラメル、焦がしすぎたかな?と思ったけど、意外と苦みがちょうどよくて、味には満足!
ただ、卵を混ぜるときに空気が入ってしまったみたいで、
いくつか深い「す」が入ってしまった。

2つ作ったうちの、もうひとつ。
冷やして、翌日食べた。
プリン0219


今日作った3つのうちのひとつ。↓
プリン0220
ものは試しと、今回はカラメルの焦がし具合を変えてみたら、
思った以上に薄い色に仕上がった。
味に関しては、最初につくった「ちょい苦め」のほうが好みかな。
次回は、これと最初のものの中間を狙ってみよう。
卵と砂糖の混ぜ方もうまくいったと思ったのに、意外と「す」が入っちゃったな。
でも、スプーンですくってみたら中身はすごくきれいだったし、
深くて大きい「す」はなかったので、まあ満足。


いやいや、何やってんだか。
さ、日曜は、心を強く持って働かねば…。
スポンサーサイト
page top
全豪終了~
今年ひとつめのグランドスラム全豪が終わった。
今回もまた、長かったような短かったような。。。
男子も女子も、個人的には大満足の結果だったので、昨年よりだいぶ気分がよい。

まずは、当然のフェデラー。
1回戦とダビデンコ戦はひやひやしたけれど、SemiとFinalは
文句のつけようのない、本人曰く「人生最高のテニス」で圧巻の優勝でした。
あのフットワーク!! そして安心して見ていられるようになったバックハンド!! 
あらゆる動きがかっこよかったなあ。
ロジャー大復活だあ! …と一瞬思ったけれど、復活もなにも、去年は全てのグランドスラムで決勝に進んで、2大会で優勝してるんだってば。
なんか「フェデラー時代の終焉」っていう雰囲気が蔓延し、その雰囲気に私も呑まれていたけれど、これ以上の成績を残した選手、ほかにいないっつーのね。
正しくは「進化」か。ほんと、強かった。
プレーがかっこよすぎて、逆にウェアの格好悪さがものすごく気になってしまった。
仮にも王者なんだから、もうちょっと何とかならなかったんですかねー、NIKEさん。
あの中途半端なブルーはないでしょ~。
私があまりにもウェアについて文句を言うものだから、一緒に観ていたY川に
「仕方ないですよ、フェデラーはテニスおたくなんですから」と何度もたしなめられる。
そうね、仕方ないけどね、でもだからこそ、NIKEがちゃんとしてあげないとさ…とブツブツ。


マレーも、ちょっと好きになった。
テニスが柔らかいし、きれい。思ってたより顔もきれい。
特に第3セット、タイブレーク9-10(フェデラーのチャンピオンシップポイント)の場面で、
ドロップショットを必死で追う姿にキュンときました。
「マレーには、来年の全豪くらいなら勝たせてあげてもいいね」
「デルポトロがナンバー1になるのは嫌だけど、マレーなら許せるな」
など、あきれるほどの“上から目線発言”を繰り出し続けたY川&私。
ま、これら全て、フェデラーが勝ってるから言えるんだけど。



そして女子。
2週間ずっと、キムとエナンの勝利だけを祈っていたのに、
実は私、決勝だけは、セレナ応援でした
だって、セレナはここで負けちゃあイカンのですから。
復帰2大会目のエナンに、そんなあっさり優勝を譲っちゃいけない。
全米でキムに負け、全豪でエナンに負け…そんなセレナであって欲しくない。
セレナの、女王としてのプライドが見たかった。
テーピングぐるぐる巻きの脚、明らかにフットワークでは劣るカラダ、年齢。
肩に圧し掛かったであろう「負けられない」というプレッシャー。エナン寄りの観客席…。
それら全ての逆境に打ち勝って、女王セレナ健在! ってところを見せてくれ。
地べたを這いずり回ってでも、世界ランク1位としての誇りを守り抜いてくれ!!
そんな思いで観ていました。

決勝でのセレナは、アザレンカ戦の後半のようなテニスを初めから展開した。
観客からの心無いブーイングもグッとこらえ、最後まで集中力が途切れなかった。
エナンのテニスは決して100%の状態とはいえないものだったけれど、
それでも本当に価値のある優勝だったと思う。

セレナの優勝で、今年の女子テニスがますますおもしろくなった。
キムは二度と同じ負け方はしないだろうし、エナンは全仏、全英のころには
完全にリズムやスタミナを取り戻してくるはず。
そして、まだまだ一歩もひかない最強姉妹。
がっぷり四つの闘いが繰り広げられる2010年に、大期待です!



© べえろぐ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。