FC2ブログ
テニス(主に観戦)とキム・クライシュテルスと軽井沢をこよなく愛する日々。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
THis is it
日曜日の夜、川崎へ。
21:45~23:50の回で、「This is it」を観てきた。
こんな時間帯なのに、ほぼ満席!

ダンサーたちのオーディションのところから涙をこらえなければならず、
そのあとは、2時間呆然と、集中をとぎらすことなく、画面を眺め続けた。
泣けた。
マイケルかっこいいんだもん。服も、寸分の狂いもないほど常にオシャレ。
そして、とても重たく圧し掛かってくる映画だった。

マイケル・ジャクソンは、ひとりの人間なのに。
この10年以上、「変態」というレッテルを貼られ続けたマイケルと、
今、世界中の映画館で観客の涙を誘い、恐らくは永遠のカリスマを得たマイケルは
まったくの同一人物なのに。
メディアの伝え方によって、こんなにも違う印象を人々に与えてしまうんだなあ。
「This is it」はものすごくいい映画だと思うけど(絶対にDVDも買うと思うけど)、
これだってマイケルの一面しか映していないわけだし。
マスメディアって怖い。そして、そのメディアのひとつを作っている立場の自分。。。
自分は大丈夫なのか??
ああほんとに恐ろしい。

家に帰ってから、書かなきゃいけない企画書があるというのに、
録画しっぱなしだった「マイケル・ジャクソン~King of Pop」を観てしまった。
そして、さあ企画書と思ってパソコン立ち上げると同時に思わずYOU TUBEを開き、
「マイケル・ジャクソン~愛と哀しみの真実~」という
昼ドラっぽいタイトルのついたドキュメンタリー番組を観てしまった。
最近日テレかどこかで放送されたものらしい。
やめなきゃやめなきゃと思いつつ、結局最後まで観た。
気づいたら、朝6時。
そしてほとんど眠らずに会社へ…。何やってんだ私は。

正直、マイケルが一番輝いていた80年代~90年代初頭、
私は彼のよさが全然分からなくて、ほとんど興味がなかった。
やせ型の男の人、好きじゃなかったし。
大人になってから好みの幅が広がって、
ようやく「ぎゃあ、かっこいいじゃん!!」って分かるようになった。
ファンというのもおこがましい、にわかファンです。
しかし、日曜からずっと、頭の中はマイケルでいっぱい。
単純…。


映画、もう1回、観に行こうっと。

スポンサーサイト
page top
キムもエナンも。
先週ベルギーで、続けざまにエキシビが行われました。

アントワープではキムがビーナスに勝利。
6-1、7-5。

それに続き、ケール(Caire)にてエナンもペトロワに勝利。
7-6(7/4)、6-2。


ああ強い。
ふたりとも強い!!
もー
どうしよう来年☆





page top
エナン、エキシビで2戦全勝!
エナンがシャルルロワでのエキシビで、さすがの2連勝。
フリプケンスはともかく、ペンネッタにストレートで勝つとはね~。
まあ、今回はエナンのために用意された「ザ・エナン・ショー」みたいなエキシビだったから、
ふたりとも勝ち負けにはあまりこだわってなかっただろうけど。
エナンの引き立て役を期待されているとわかっていながら(?)
オフシーズンの中参加してくれるなんて、なんて心優しい…
と一瞬思ったけど、ものすごーくいい練習にもなったのでしょうね。

だけど、やっぱりエナンすごい!!
ダイジェストでしか観られなかったけど、相変わらずテニスがかっこいい。
音も立てず前に出てくるところとか、絶妙タッチのドロップボレーとか。
エナンの「Allez!」を聞くと、こっちまで気分が高揚します。
今年絶好調だったペンネッタとの試合では、いきなり第1セット0-3と
リードされたようですが、それがかえってエナンの負けず嫌い魂を燃え上がらせたのでしょう。
6-4、6-4で勝ちきるのが素晴らしい。
ああ全部観たかった~。

http://www.sporza.be/cm/sporza/videozone/MG_sportnieuws/MG_tennis/1.648233

http://www.youtube.com/watch?v=AeNyO0vDTeY


page top
モレスモ引退によせて、キムのコメント。
引退を表明したモレスモ。
キムのコメントが、WTAのサイトに載っています。


"Amélie was one of the most gifted players we had to play the sport. She had all the shots and it was only fitting she realized her dream and talent by winning Wimbledon. We shared a great rivalry, I'll never forget our match at Filderstadt in 2002 where we both had match points, or the emotional farewell I had in Antwerp in 2007 when Amélie beat me to win the Diamond Games Racquet. She always brought out the best in me. Away from the courts she was a super nice girl, always honest with a great sense of fun and humor. She is an icon in her home country of France and fans around the world loved her varied style of play. I will miss that and wish her all the best in life after tennis."
- Kim Clijsters


「アメリーは、最も才能のあるテニスプレーヤーのひとりでした。彼女はあらゆるショットを打てました。ウィンブルドンで優勝して夢を実現し才能を示せたのは、彼女にごくふさわしいことでした。私たちはよきライバルでした。2002年の、ふたりともがマッチポイントをつかんだフィルダーシュタットでの試合は忘れることができません。もしくは2007年、アントワープでの感動的なラストマッチも。アメリーは私を破ってダイアモンドゲームズのラケットを手にしました。彼女はいつも私のベストを引き出してくれました。コートを離れても、とてもおもしろくてユーモアのセンスにあふれた、いつも誠実で超ナイスな女性でした。彼女はフランスのアイドルで、世界中のファンが彼女のバラエティに富んだプレースタイルを愛してました。寂しくなるけれど、テニス後の第二の人生が最高のものになるよう、祈っています」
-キム・クライシュテルス

*************************************************************
個人的には、キムがモレスモを完全にカモにしていた時代が懐かしい。
正直、モレスモのテニスはあまり好みではなかったので。。。ごめんアメリー。
フォアハンドのフォームが、どうしても好きじゃなかった。
(まあこれは個人的な趣味の話なのでどうしようもないよね。。。)

というわけで、私にとって忘れられないモレスモの試合といえば。
◎2003年の全仏準々決勝、対セレナ戦。
(これが、実は初めてモレスモを見た試合。筋肉ムキムキの割に何も出来ずに負けて行くモレスモと、同じく筋肉ムキムキで、その筋肉にふさわしく猛獣のように相手を食っていくセレナが対照的すぎた…。私がセレナ好きになったきっかけの試合でもあります)
◎2005年のマイアミ準決勝、対キム戦。
(怪我から復帰したばかりのキムが、6-1,6-0でモレスモを圧倒。気持ちよかったー! モレスモの渾身のバックハンドボディアタックを、奇跡的な反射神経で、美しすぎるバックボレーで決めたあの瞬間は、一生目に焼きついて離れないでしょう。しかし、同年末のチャンピオンシップでモレスモが優勝してからというもの、キムがモレスモのカモ状態に…痛恨の5連敗! キムファンとして、これは恐ろしく辛かった…)


負け試合ばかりで申し訳ない…
WTAを彩るキャラとしては結構好きだったんですけれど…
なんせキムファンなもので。(開き直り)
でも、めっきり勝てなくなった最近のモレスモはとても寂しそうで、見ていてこちらも悲しかった。
今後は、ローランギャロなどで、インタビュアーとして見かけたりするのかな。


しかし今年は、ほんとに出入りの多い1年だったなあ。


page top
キム、始動。
年末の忙しさにかまけて、なかなかテニスについて更新できなかったのですが。
キム、既にきっついトレーニングを開始している模様。
来年の滑り出しにも期待が持てます!

11月20日のブログより。

Training increasing in intensity
“トレーニングが、どんどん厳しさを増してます。”

Hi Everyone!

Long time no speak, I have been really busy catching up with my sister, my godson, my Grandparents and devoting time to Brian and Jada. That's what the off-season of a professional athlete is like. I don't need a holiday as my tennis season was relatively short, so spending time with those close to me is the best relaxation possible. Last weekend, Brian, Jada and I spent some time at Euro Disney in Paris, Jada was so excited to see Mickey and Minnie Mouse up close and personal. Children are so innocent its really precious. This weekend, Brian and I are starting some of our Christmas shopping, we're going to Marc Herreman's charity evening and on Monday I go to see one of the greatest singers in the world, and someone whose concerts I adore ? Anouk ? at the Sportpaleis in Antwerp, where I will be playing Venus in about two and a half week's time. Should be a great evening!

皆さんこんにちは!

久々の更新になってしまいました。妹や名付け子、祖父母たちと会ったり、BrianやJadaと過ごす時間を作ったりで忙しかったんです。プロのアスリートのオフシーズンって、こんな感じなんです。私のテニスシーズンは比較的短かったし、休日は要りません。近しい人たちと一緒に過ごすことが、最高のリラクゼーションになりますから。先週、BrianとJadaと私はパリのユーロディズニーに行きました。Jadaはミッキーとミニーを間近に直接見て、大興奮。子供って、すごく純粋で本当にかわいい。今週、Brianと私はクリスマスの買い物をし始めます。マーク・ハーマンのチャリティイブニングへ行く予定。そして月曜には、アントワープのスポーツパレスに、世界最高のシンガーのひとりAnoukに会いに行きます。彼女のコンサート、大好きなの。ちなみに、2週間半後にそこでヴィーナスとプレーするんです。きっとすごい夜になりますよ!


Off season also means intense training for Australia, the heat you can't so much prepare for, but pushing you body to the absolute limit to get the best out of it you can, and that's what I'm trying to do right now. Sam's pushing me really hard, today I could hardly keep my left arm up to serve, but as they say no pain no gain. I haven't been at my best physically starting the Australian season for a long, long time (maybe since 2003) and I would really like to go down there feeling as strong as I can.

オフシーズンというのは、オーストラリアに向けた厳しいトレーニング(の日々)でもあります。暑さに対してはそんなに準備できないけれど、体を究極まで追い込んで可能な限りベストの状態にもっていく。それが、今私がやろうとしていることです。サムが本当にハードに私を追い込むものだから、今日はサーブを打つのに左腕をあげるのもままならなかったわ。でも、よく言われるように、痛みなくして得るものなし。私はとても長い間、ベストな体調でオーストラリアシーズンをスタートしていません(恐らく、2003年以降ずっと)。だからこそ、出来る限り強くなったという感覚を持ってあそこへ行きたいと思っています。


I'm looking forward to the Thomas Cook Diamond Games too, and seeing many of you there, supporting both myself and Venus ? it promises to be a great evening.

Big Hug to all of you Kim xxx

トーマスクック・ダイアモンド・ゲームズも楽しみ。そこで皆さんとお会いできるでしょうね。私とヴィーナス両方を応援してくれるかしら? 必ず素敵な夜になること請け合いですよ。

皆さん全員にビッグハグを。
キムxxx
page top
チョーさん!
なっつかしい~~~!!!
この人、覚えてる人いますかね!
どんどん仕上がるあのイラスト地図、好きだったなあ。
いっつも配達忘れちゃうのよね。笑


チョーさんは生きていた!? 17年ぶりに姿見せた!
(12月3日16時56分配信 夕刊フジ)


あのチョーさんは、生きていた!

 …といっても、いかりや長介さんのことではない。1984~92年にNHK教育テレビで放送されていた教育番組「たんけん ぼくのまち」の主人公だった俳優、チョー(51)のことだ。一時は消息が途絶えていたが、このほど番組の復刻DVDが発売され、17年ぶりに姿を見せている。

 「たんけん ぼくのまち」は、小学校3年生向けに作られた社会科番組で、現在20代後半から30代半ばの人にとって、その主人公、チョーさんは“超有名人”だった。

 地方都市の商店に下宿する修行中の身で、愛用の自転車「チョーさん号」で配達しながら、街の仕組みや物流を学び、イラスト地図を仕上げていく。「教育番組離れしたドタバタが子供たちに大ウケ。当時、社会科離れが問題で、食いつきのいい番組に仕上げる意図があった」と、当時を知るスタッフ。

 だが番組終了後、1~2年経ったころから、死亡説が流れ始めた。チョー自身が明かす。

 「『道路で地図を書いていて車にひかれた』とか、『甲冑を着てチョーさん号で滝壺に落ちた』『マンホールを探検していなくなった』とか…」

 確かにテレビ番組からは姿を消したが、実際には舞台に出演したチョーの声を見込んで声優プロダクションのマネジャーがスカウト。「5年間ぐらいはコンビニなどでアルバイトをしながらラジオCMなど声の仕事をしていました」。

 最近では映画「ロード・オブ・ザ・リング」のゴラム役をはじめアニメ、映画の声優として活躍中。NHK教育の「いないいないばぁ」では着ぐるみのワンワンに入り、声と演技をこなす。

 復刻したDVD「たんけん ぼくのまち」(コロムビア)は、「チョーさん さっそう はつとうじょう」(84年4月9日放送)など4本を収録。今年5月に教育テレビ50周年で放送された記念番組やメイキング映像の特典付き。

 「僕を知る世代はこれから日本をしょって立つ。君たちの購買力次第で、また会えるかもしれないぞ!」と、チョーはPRも忘れなかった。

© べえろぐ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。