FC2ブログ
テニス(主に観戦)とキム・クライシュテルスと軽井沢をこよなく愛する日々。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
男子はだまってなさいよ!&ニューパソコン
■下北沢に、「男子はだまってなさいョ!全員集合!」を観に行って来た。
後輩N島ちゃんを誘ってスズナリへ。

思ったとおり、いや、思った以上に、素敵な時間でした!!
笑いすぎて、腹筋疲れて、今は体中が脱力感でいっぱい。
特に、椅子から落ちそうになるほどめちゃめちゃに笑ったのが

「山田太一漫才」

「ふぞろいの林檎たち1&2」、そして「ありふれた奇跡」と、
ある意味タイチ三昧の1年を過ごしたN島&私、どんぴしゃツボに入ってしまい、
文字通り“笑いが止まらない”状態に。まったく、前後に座ってた方たちごめんなさい。
でも、今でも思い出し笑いがこみあげます。
「ガンダムミュージカル」にも笑ったけど、たまたまガンダムの基礎知識がなかった人にとっては過酷な時間だっただろうなあ。一番長かったし。
それでも、オリジナルとは全く違うストーリー展開だったり、
誇張を超えて別モンになってるキャラが出てきたりするのに、
「分かる分かるー!その感じ!」と
バシバシ膝を打たずにはいられない絶妙なポイントの押さえ方。
しびれました。

大堀こういちさん、BOSE、小浜正寛さんが、いい味出していた。
そこに紅一点でからむ五月女ケイ子さん。
あの独特のかわいらしさは一体、何なんだ!
舞台での五月女さんの立ち姿は、どこか、彼女の描くイラストのようだった。
普段は、むしろ「小さくて楚々としてて、イラストとは全然印象が違うなあ」って思うのに。
ああいう“醸し出されるユーモア”って、全て“センス”なんだろうなあー。
って言っちゃったらおしまいよ、なんだろうけど、やっぱり私にはない才能だから、憧れる。

来年は本多劇場で何かやるらしいので、心に留めておかなきゃ。

その後、劇場でばったり会った後輩・K田ちゃんと3人で近くのカフェへ入り、
3時間ほどダラダラ喋る。お互いの部署のおもしろ話とか。

■そのまま、新宿のビックカメラへ向かう。ついに、7年ぶりに、パソコン買い替え~。
ごまかしごまかし使っていたのですがもうにっちもさっちもいかない。
今回、WindowsからMacに戻してみようかな、という超基本的なところから再検討し、
結局、引き続きTV機能つきのVAIOを買うことに。
ノートとデスクトップどちらにするかもかなり迷ったけど、これもまた引き続きデスクトップにし、「Jシリーズ」を「オーナーメイド」で自分好みのスペックにカスタムして購入。
タイミングよく、いろいろキャンペーン中だったこともあり、
予定以上のハイスペックを、予定より低い価格で購入できました。満足、満足!!
地デジチューナーつき(×2)、ブルーレイつき、HDDは1TB。
動画編集を軽やかにするため、
NVIDIA GeForce 9300M GS GPUとかいうグラフィックアクセラレーターを入れたら、
Bluetoothもついてきた。安く済んだ分で、諦めていたAdobe Photoshop Elementsも
追加で入れられた。うふふふ。

これらのスペック、全ては
来年のテニスシーズンを見込んでのこと!!
キムとエナンが揃い踏みし、
錦織くんも復帰し、
伊達公子がグランドスラム本戦にストレートインする来年は、
見たい試合が激増するだろうし、1試合も見逃すわけにはいかん!
というわけで、地デジを視聴&録画&DVD作成ができる機器が、もうひとつ必要だったのです。
WOWOWの契約をひとつ増やして、GAORAも自宅からこっちに移して…。
ああ今から楽しみだ。

スポンサーサイト
page top
MAKE: Tokyo Meeting 04
3連休の3日目。
いつもお世話になっている売れっ子イラストレーターオガワナホさんのお誘いで、「Make: Tokyo Meeting」へ行ってきた。場所は、東工大の大岡山キャンパス。
みつばちトートさんや、クロスステッチ界のプリンス・大図さんなどが出店しているという話。「しかし手芸系ほんわかイベントと、鉄の臭いがプンプンしそうな東工大って、どう結びつくの??」と不思議に思いながら、わが地元・大岡山へ。
キャンパス奥の体育館に一歩足を踏み入れたら、やっぱり、そこは理系男子のパラダイス! 半導体っぽいものとか(半導体が何なのかイマイチ理解していないので、イメージで言ってます)、ぴこぴこ光るものとか(多分LED的なもの)、アキバ系アニメ的なものとかであふれかえってた。手芸系のイベントではないことを、一瞬にして理解。
で、あのー、大図王子どこですか? と思ったら、真ん中らへんで、かわいいもの作って、売ってらっしゃいました。写真の奥に並んでいる腕時計、買っちゃった。「中身は百均時計。すぐ壊れます」ってご本人の談ですが、超かわいいからアリ。近くのブースに、みつばちトートの束松さんも。「電流デスマッチ」という名のキュートな毒ありトートバッグを展示してらした。
大図作品

「Make: Tokyo Meeting」って、私は全然知らなかったのですが、オライリーという出版社が発行しているテクノロジー雑誌「Make:」の世界を実体験できるイベント、ということらしい。と書くとすごく難しそうだけれど、“ものづくり”をテーマにした小さい大学祭のような、楽しい雰囲気だった。ハイテクノロジーを“遊び”におとしこんで無邪気に楽しんでいる理系男子たちの姿って、実はツボ。大変に萌えます(今月の日経新聞「私の履歴書」は、そんな理系ボーイの未来形・益川教授であるため、めっちゃ愛読中)。

展示品で印象に残ったもののひとつが、透明標本。たんぱく質を透明に変化させる酵素が存在するそうで、それを使った透き通った標本が「卓上用」「壁掛け用」の2サイズ展開で売られていた。もちろんホンモノの動物の標本。カエルとか、孵化したのかどうかビミョウな段階の鳥とか。でも、“肉”の部分が本当にきれいな透明で、透けてみえる骨格は完全なフォルムを保っていて、そこにブルーなどのきれいな色が入ったりしているものだから、美しかった。ヘンだけど美しかった。残念ながら、デスクや壁に飾りたい気持ちにはならなかったけど。同名の本も出ているらしいです。

実物のテルミンに触れたのにも、ちょっと感動。最近読んだ本にテルミンのことが書かれていて、どういうものなんだろうって思ってたので。ドレミファソラシドの音階は、なんとかそれっぽい音が出せたけれど、チューリップを弾こうとしたら、グダグダだった。

それと、東工大キャンパスの意外な美しさにもびっくり。こんなにきれいなところだったっけ?
いいなあ、芝生…。
東工大キャンパス

夜は自由が丘で、大勢で焼き鳥&飲み! 最近、仕事でもプライベートでも、自由が丘に行くことが増えた。偶然かしら?

page top
鮮魚のブイヤベース鍋
久々に仕事が入らなかった週末。しかも3連休。
というわけで1日目の土曜日は、仕事関係のきれいどころが、うちに遊びに来てくれました。
持ち寄りパーティ。メインは、セコムの食で取り寄せた「ピチピチ鮮魚のブイヤベース」。
ウチワエビ、はまぐり、海老、ホウボウなど、いろんな種類の魚介類からダシ出まくり!! 
〆はご飯を入れてクツクツ煮込み、リゾット風にして食べました。美味しかった~。
鮮魚のブイヤベース

デザートは、カメラマンのTさんが持ってきてくれたBABBIのジェラート。
普段BABBIなんてめったに食べられない貧乏人なので、小躍りして喜んでしまった。
Bの形をした器からして、もうかわいい。私はピスタチオ&バニラのコンビをいただきました。
うう、、、おいしい、、、みんなで一口ずつ食べあいっこしたけど、全部美味しかったです。
ボキャブラリー貧困ですみません。おいしい、しか言えない。
BABBI

話は、今さらながら「SかMか」という方向に。
けど、話し始めてみたら意外とSMの定義付けが難しくて、みんなで改めて考え込む。S体質&M体質と、尽くし体質&尽くされ体質は一緒くたになりがちだけど、実は別モノだよねという話には、目からウロコ。最終的に、Sは「相手を困らせたい人」、Mは「困らせられたい人」なんじゃないかということで一応まとまった。で、「どういう風にされると困っちゃう♪のか」っていうのはM次第なので、SとMの主従関係って、実はMが主なんじゃないかと。Sは、Mの望むように「困らせる」必要があるわけで。
私自身は、ずっとMだと思ってたけど、議論しあっているうちに「実はSなのかも」って考え直した瞬間もあって、最後には「やっぱりMかな」と思った。

そんな、お気楽な土曜日。

page top
ぼうさつスイーツ!
■どんなに忙しくても、テニスだけは別腹(別頭)のはずだったのに。
なーんだか、最近、頭ん中100%仕事だらけ。
というわけで、全日本の決勝を録画し忘れた!!! ぎゃーーー!! 私のバカ!

■そんなこんなでちょっと参りぎみの心を癒してくれるのは、やっぱり甘いものです。

なんといっても、まずはこれ。愛するホットココア。
ホットココア
最近よく飲んでいるのは、なんとフィリピン製です。
マニラ在住の友達Mが、お土産に買ってきてくれたもので、これが結構イケる。

ココア パッケージ
タブレット型になった固形ココアを、温めた牛乳で溶かして飲むのですが…ああ、幸せ~。
カカオの濃さが私好み。
疲れ切って帰宅した夜には、これで身も心も温めてます。
M、ありがとう! フィリピンやるじゃん♪


それから、やっぱりケーキ。
日曜日の夜9時過ぎ、仕事を終えて、疲れきった体と心をひきずりながらトボトボと旧山手通りを歩いていたら。。。「マダム・トキ」に、まだ明かりがついているではありませんか。思わず足を止めて目を凝らすと、ショーケースの中に、おいしそうなケーキがいくつかあるのが見えた。信じられない気持ちで恐る恐るドアを開け、、、、気づいたら、ケーキ3個買ってました。
定番のチョコレートケーキ、季節限定のマロンモンブラン、そしてやはり季節限定のいちじくのタルト。完全にヤケ食いだ。
でも美味しかった。特にモンブラン。マロンクリーム、スポンジ、シュー、そして一番下にお酒の効いたクリームの層。結構しっかりとした甘さがあったけど、食感が軽やかなものが重なっていたからペロリといけました。あと、上に散らしてある茶色のサクサクした丸いやつ、、、これがすごくおいしくて、このモンブランの成功の肝なんじゃないかと思うんだけど、残念ながら正体分からず。
マダム・トキ マロン



page top
凹んだトマト缶。そして坂本弁護士。
■数日前、仕事で代官山へ。ついでに久々に「EATALY」をのぞいたら、いつの間にか食料品売り場が拡大していた。テンション上がる~! パスタが種類いっぱい! ワクワクしながらぐるぐる歩いていたら、ホールトマト缶が20%OFFで売られていた。なぜ?賞味期限がせまってるのかな? と思ったら、部分的に缶がへこんでいるんだそう。理由それだけ。言われないと分からない程度の凹みなのに、定価で売れないなんてねえ。でも、そりゃーお買い得!と、2つ購入。しかし、海外の食品パッケージって絵になるよなあ。アルファベットを考案した人たちって、驚異的なアートセンスの持ち主だと思う。

トマト缶


■ところで、そのアルファベットを考案した人たちってのは誰なんだろう?と思ってググってみる。古代ローマ人だそうだ。そりゃそうか。ローマ字っていうくらいだし。その原型はギリシャ語のアルファベット。さらに、その原型はフェニキア人たちが使っていたアルファベット。さらにさらに遡ると、ヒエログリフにたどり着くんだそうだ(「素朴な疑問集」というサイトより)。


■アニメ『カイバ』の第7話~第9話を観る。夏から見始めてるのに、なぜかまだ9話…。DVDを返すのが遅すぎなんです私。つまらないからじゃないんです。非常にプリミティブな線で描かれたこのアニメの、“リアルに感覚に迫ってくる感じ”。これ一体何なんだろう。マヌケなフォルムの悪役の、得体の知れない恐ろしさは、ヘタにリアリティあるタッチで描かれたそれの比じゃない。感覚的に、いや~な感じ。
ただ、物語が後半にいくに従って、ちょっと「あー、やっぱり話がそこにいく?」という、やや予定調和な香りが漂ってきた。さてどうなるか。

■続いて、録画しておいた、マドンナのブエノスアイレスでのライブ(2008年)を観る。これが50歳の体ですか。ほんとですか。人体の限りなき神秘を目撃。お供の食事は、豚キムチ豆乳鍋と、肉じゃが。肉じゃがは、ケンタロウさんの『ケンタロウの和食 ムズカシイことぬき!』のレシピをベースに、鶏がらスープ少々とミニアスパラを足してみた。砂糖もレシピより少し多め。鶏がらスープが効いたのか、いつもより美味しくできたような。ケンタロウさんのレシピだと、味付けは砂糖とみりんとしょうゆだけなんだけど、なんとなく味に奥行きがないような気がしてて。でも初心者には非常にありがたいシンプルレシピなので、もう10年近く愛用している料理本なのです(裏返せば、10年も初心者のままってこと…)。ホールトマト缶の出番は、まだなし。

豚キムチ豆乳鍋&肉じゃが

そういえば私、「家ではなるべく肉を食べない週間」とか言ってたっけ…
あっけないものだな。


■昨日で、坂本弁護士一家が亡くなって20年経ったのだそうだ。当時1歳だった龍彦くんは、生きていれば21歳。時の速さに総毛立つ。実は大学1年のときに入っていた法律ゼミで、坂本弁護士のゆくえを探していたお母様、さちよさんのお話を聞く機会があった(それからほどなくして、地下鉄サリン事件が起きた)。息子夫婦の無事を願うさちよさんの、憤るでもなく、涙を流すでもなく、ただただ訥々と私たちに語りかける姿にかなりの衝撃を受けたことを、私はいつの間にか記憶のかなたに追いやっていた。あの体験が、今の仕事を選ぶきっかけのひとつでもあったはずなのに。昨日になって、そのときの映像や“感情”が突如としてよみがえった。自分が、いかにたくさんの大切なことを置き去りにして今、生きているかを思い知り、ぞっとした。そして、自分がいつの間にか、当時の坂本さんの年齢を超えてしまったことを知り、涙が出た。


page top
アガシの告白2 ――セレナ、やっぱり面白い。
同じく10/30のYAHOO!sportsより。

*************************************************
Tennis stars react to Agassi admission (and Martina's not happy)
テニススター達、アガシの告白に反応する(そしてマルチナ悲しむ)


What is the rest of the tennis world saying about Andre Agassi's admission that he was a habitual user of crystal meth in 1997? Here's a rundown of the thoughts of some of the biggest names in the game, ranging from the forgiving (Andy Roddick) to the furious (Martina Navratilova):

1997年にクリスタルメスを習慣的に使用していたというアンドレ・アガシの告白について、テニス界の人々はどう話しているのか? ここに、ビッグネーム数人の考えの概要を示した。許容(アンディ・ロディック)から激しい怒り(マルチナ・ナブラチロワ)まで、幅広い。


Roger Federer: "It was a shock when I heard the news. I am disappointed and I hope there are no more such cases in future."

ロジャー・フェデラー
「このニュースを聞いたときはショックを受けたよ。残念だし、将来的にこのようなことが起きないよう願うね」

Rafael Nadal: "If the ATP covered for Agassi then I think that's dreadful. If they covered for the player and punished others for doing the same kind of thing then that would seem to me to be a lack of respect for all sportsmen ... Now that he is retired, he comes out and says this? It's a way of senselessly damaging the sport."

ラファエル・ナダル
「もしATPがその当時アガシをかばったのなら、非常に恐ろしいことだと思う。同じことをした1人のプレイヤーをかばい、他のプレイヤーを罰したとしたら、全てのアスリートへのリスペクトが欠けているとしか思えない…。しかし、すでに引退した今、なぜ彼は出てきて、こんなことを言うんだろう? 意味もなくスポーツにダメージを与えるだけだよ」

Serena Williams: "I don't even know what crystal meth is, so, you know, that's what my reaction to it is ... I haven't read anything about Andre Agassi's book. All I know is I have a book coming out. It's called 'On The Line'". [That's gold. -- ed.]

セレナ・ウィリアムズ
「私、クリスタルメスが何なのかすら知らないわ。だから、そうね、それが私の反応よ…アンドレ・アガシの本については、何も読んでないし。私が知ってるのは、もうすぐ私の本が出版されるってことだけよ。『オン・ザ・ライン』っていうタイトルなの」(素晴らしい。by編集部)←座布団1枚、ってとこですかね。

Venus Williams: "I'm sure his book will sell. But I can't say anything about Andre Agassi's life."

ビーナス・ウィリアムス
「彼の本は確実に売れるでしょうね。でも、アンドレ・アガシの人生について私が語れることは何もないわ」

Andy Roddick: "Andre is and always will be my idol. I will judge him on how he has treated me and how he has changed the world for (the) better."

アンディ・ロディック
「アンドレは、いつだって僕のアイドルだったし、これからもそうだ。僕は、彼が僕にどう接してくれたかやいかに世界をよりよく変えてきたかで、彼を判断するつもりだよ」

Former coach Nick Bollettieri: "I don't condone what he did - I've made mistakes too, but I've done more good than bad ... Let's look at what Andre has done, he funds a school for 400 kids from the inner-city. I know underneath he's a hell of guy."

元コーチのニック・ボロテリ
「私は彼がやったことを大目に見る気はないが、私も間違いを犯してきた。でも、悪いことよりはいいことをたくさんやってきた…アンドレが今までやってきたことに目を向けよう。彼はスラム街の子供たち400人のために学校を設立したんだ。実は知ってるんだが、彼は素晴らしいやつだよ」

U.S. Federation Cup captain Mary Joe Fernandez: "It takes a lot of guts and courage to come out and say something that nobody would have really known about. Maybe people can learn from it and not make the same mistakes."

アメリカ・フェドカップのキャプテン、メアリー・ジョー・フェルナンデス
「表に現れ、誰も全く知らなかったことについて話すのは、大変なガッツと勇気がいるものよ。おそらく人々はこのことから学び、同じ失敗を繰り返さないでしょう」

Martina Navratilova: "Shocking. Not as much shock that he did it as shock he lied about it and didn't own up to it. He's up there with Roger Clemens, as far as I'm concerned. He owned up to it (in the book), but it doesn't help now ... Andre lied and got away with it. You can't correct that now. Do you take away a title he wouldn't have won if he had been suspended? He beat some people when he should have been suspended."

マルチナ・ナブラチロワ
「ショッキングね。彼がドラッグを使ったことより、嘘をついて責任をとらなかったことのほうが、もっとショック。私が考える限り、彼はロジャー・クレメンスと同罪よ。彼は(本の中で)このことに責任をとった。でも、今となっては何にもならないわ。アンドレは嘘をついて、逃げた。今やそれを罰することはできない。彼がもし出場停止になっていたら獲れなかったかもしれないタイトルを剥奪する? 彼は、出場停止になっているべきときに、何人かの選手を負かしたんだもの」

© べえろぐ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。