FC2ブログ
テニス(主に観戦)とキム・クライシュテルスと軽井沢をこよなく愛する日々。
page top
TAICOCLUB@こだまの森
今日は、仕事で長野へ。
目的地は、「こだまの森」というキャンプ場。
今日から二日間、TAICOCLUBというフェスが開催されているのです。
フェス好きの知り合いはたくさんいるのに、
私の生活には全然ないのよねー、このカルチャー。
そういう意味でも今日は楽しみでした。

だけど天気は、朝から最悪。
昨日から続くシトシト雨…。
中央道をひた走る途中も降り続く。
天気予報は曇りだったけど、こりゃやみそうもないなあ、
今日は、寒いし濡れるし大変そうだあ、、、と覚悟していたのですが、
ふと目を覚ましたら(ロケバスの中で、すっかり熟睡してました)
空が、きれいに晴れ渡っているではないですか!!
わーい。

先月末の北軽井沢出張のときも、そうだったな。
今まで気づかなかったけど、意外と私、晴れ女なのかもしれない?

TAICOCLUBの会場には、
あちこちで炊かれているお香の香りがふんわりと。
ファッションもアジアン系とヒッピー系がとても多かった。
日本人の女の子って、チャコバンドが似合うんだなあ。かわいい!
アメリカ人のヒッピーファッションってゴツくて怖い感じがするんだけど、
日本人だと、ふんわり優しい印象になる。

きれいな芝生の上に、思い思いにテントやタープを設営して、
酔っ払ったり、音楽にあわせて踊ったり、フラフープしたり、
静かに本を読んだり、昼寝をしたり…
いろんな人が、いろんなことをしてました。
とにかく、みんな楽しそうなんですよ!
そして誰に聞いても、フェスやキャンプの醍醐味を
「解放される」「自由」「気持ちがいい」といった言葉で表現してくれました。
分かるなあ~。
理屈なんてないんですよね。
野外で風を感じることや、豊かな緑に囲まれた場所に、ただ“いる”ことが
どれだけ気持ちのいいことか。
(ただ、時間がたつごとに芝生が似たようなテントで埋まっていき、
日本の住宅事情とおなじ、スシ詰め状態に…。
もうちょっと広ければ、もっと気持ちいいのにねぇ。仕方ないけれど)

大切なのは、
20代~30代の大人たちが、みんな子供みたいな顔で楽しんでいたってこと。
それが、私にはすごーーく新鮮な光景でした。
こんなにハッピーな顔した人たちが何千人も集まっているところなんて、
東京で見たことないよ。
大人が、子供のように“感性で”はしゃげる場所。
それがフェスなんだなあ。


一応仕事で行っているので、けっこう気が張ってはいたけれど、
十分、その空気感を楽しむことができました!


感情が高ぶっていたのか、
帰り道、車の窓から深緑の山々や流れる川を見ながら、
なぜか目に涙が。(笑)


ちなみに、いい場所を確保できている人は、
東京の人であっても大阪の人であっても、
「朝6時に出発した」とのことでした。
心地よく過ごすためには、どこに住まいを構えるかってとても重要だと思うので、
来年、行こうと思っている方がいたら、ぜひ「6時発」を心がけてくださいませ。


スポンサーサイト
© べえろぐ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG