FC2ブログ
テニス(主に観戦)とキム・クライシュテルスと軽井沢をこよなく愛する日々。
page top
STAUB、始動!
STAUBを、初めて使ってみました。

でも、料理にとりかかる前にワンクッションあり。
STAUBはダッチオーブン同様、
“シーズニング”が必要な鍋なのでした。
シーズニングとは、鋳鉄の表面に油を馴染ませる、
「慣らし」とも呼ばれる作業のこと。
そういえば昔、軽井沢にダッチオーブンを持ってきてくれた
H尾さんも、徹夜でシーズニングしたって言ってたなぁ…
ちょうど、私もダッチオーブン買おうかなと検討中だったのだけれど、
そんなの面倒すぎるわい!と諦めたのだった。
でも、こうして結局、やることになるんだな。(笑)

とは言っても、徹夜なんてしませんでしたが。
まず、軽く洗剤で鍋を洗う。
その鍋を弱火にかけて、温めながら乾燥させる。
乾燥したら、少量の植物油(私はオリーブオイルを使いました)を
ペーパーナプキンで内部に塗る。
再び数分温めて、布で余計な油をふき取る。
これを数回繰り返す。

数回って何回だろ、と思いつつ、私は3回やったところで飽きて、
そのまま料理に取り掛からせていただきました。
いいんかねえ、本当にこれで。
H尾さんは徹夜したって言ってたけど…
まあ、この鍋は一般家庭のキッチン仕様だしね。
いいことにする。


my STAUBが作ってくれた初めての料理は、
以前のananに載っていた、
美肌に効く「キノコとスペアリブの豆乳鍋」。
スペアリブのコラーゲンが肌の水分を保ち、
キノコにたっぷり含まれるビタミンBが肌を修復してくれるという、
食べない理由が見つからない鍋!!

大根と書いてあったのをカブにし、
舞茸と書いてあったのをシメジにし、
カブの葉を足したこと以外は
ほぼレシピ通りに。

豆乳鍋

結構たっぷりと野菜を入れたのに、余裕の大容量☆
やっぱりこの大きさでよかったかも。
だけど、ごろごろ入れたはずのカブが見当たらない。

…溶けた。

煮込みすぎたみたいです。
見た目はともかく、あっさりした味ながらコクがあって、美味しくできました。

これで、明日のお肌はぷるっぷるだわ!


スポンサーサイト
© べえろぐ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG